簡単にできちゃう!「うちのスープカレー」濃厚エビ味を作ってみた

簡単にできちゃう!「うちのスープカレー」濃厚エビ味

スーパーで見つけたので、なんとなく買ってきました。

札幌の食卓 簡単にできちゃう!!うちのスープカレー 濃厚エビ味です。

札幌の会社が販売しているようです。

作り方・お召し上がり方(1皿分)

野菜や肉を切って炒める。

水を200~220ml入れて煮込む。

5分ほど煮込み具材に火が通ったらスープカレーの素を加えてひと煮立ちさせる。

器に盛り付け、ごはんを用意してできあがり。付属のスパイスで辛さを調整する。

以上!

開封してみると、スープカレーの素と辛さを調整するスパイスが各2つずつ入ってました。

手羽元を煮る

いきなり作り方を無視して手羽元を煮はじめます。本当はチキンレッグが良かったんだけど高かったのでこっちにしました。

スープカレーと言えばチキン!そしてスプーン1本で食べれるくらい柔らかいのが理想です。

最初に入れた水の量は500mlくらいで、沸騰したらアクを取り、アクが出なくなったらフタをして弱火で1時間煮込みました。

1時間後。いい感じです。このくらい煮ればスプーンだけでも骨から肉がポロッと取れるはず。

めっちゃいいダシ出てるじゃないですか(・∀・)

規定の水の量は200~220mlとのことなので、フタをしないで煮詰めます。

このまま塩とコショウで味付けしただけでもおいしそうだ。

野菜を炒める

野菜を炒めます。今回はニンジンとエリンギと、

キャベツもたっぷりめに使います。キャベツって焼くとめっちゃいいにおいするよね。

スープカレーの素投入

スープカレーの素を入れます。

スパイスは調整もクソもなく全量投入。

スープカレーの素を入れてからひと煮立ちとのことだけど、もうちょっと煮た方が味しみそうじゃない?ってことで弱火で5分ほと煮てみる。

時間差でキャベツも投入。

完成!

まず、手羽元はいい感じ。

ニンジンとキャベツはもっと煮た方が良かった。

肝心な味の方ですが、エビっぽい風味は感じられるんだけど私が想像していたのとはちょっと違う感じでした。

欲しかったのはエビでダシを取った味ではなく、エビの頭でダシを取ったあのけしからん風味です。

あとスープの量がすごく少ない。今までいろんなお店でスープカレー食べたけどこんなにスープが少なかったことはなかったです。せめて水300mlくらいの仕様だとよかったかも。

なんだろう、期待しすぎ?

これだったらベル食品の「スープカレーの作り方」の方が数倍おいしかったです。

でもこれ食べてる時はおいしいんだけど、何度食べても食後に尋常じゃないくらい喉が乾くのはなんでだろう。

体に合わないのかな?

ということでこれ100%で作るのはなるべく自粛してますが、何かの隠し味に使ったりしています。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)