残ったお寿司のシャリを使ってチャーハンを作ってみた

残ったお寿司の活用方法

親戚が集まったので海鮮丸(宅配寿司)のお寿司をとりました。

注文者(親父殿)が「余るくらいがちょうどいい」と思っているので、予定通り結構な量が残ります。

余ったお寿司は折に詰めてみんなに持たされるのですが、腹いっぱい食べた後にそうそうお腹もすかないし、翌日食べようと冷蔵庫に入れておいたらシャリがカチカチになってしまっておいしくない。

ナマモノだし、傷んだらあれだし、、

とか言いながらネタだけ取って刺し身で食べるという暴挙に出ました(・∀・)

さて、残ったシャリはどうしましょうか。

残りご飯の使いみちと言えば最初に思いつくのがチャーハンですが、酢飯でチャーハンってどうなんだ?

ということで、とりあえず試してみることにしました。

お寿司のシャリを使ってチャーハンを作ってみた

具材

これは何でもいいと思うのですが、今回はたまたま冷蔵庫にあったベーコンと長ネギを刻んだものを使いました。

すしネタがあるならそれを使っていもいいと思います。

作り方

作り方って言うほどの特別なことはしてません。

具材を軽く炒めたら卵を投入。

なぜ目玉かって?

溶くのがめんどくさいからですよw

ぐじゃぐじゃーっとやって、

シャリ達をイン!

とびっこの軍艦巻きをどうするか迷いましたが、これも海苔をはがして入れてやりました。

軍艦の海苔がはがしてすぐ食べちゃったんだけど、ちぎって一緒に入れちゃった方がいいかも。

写真の下の方に写ってる黒いのが穴子のお寿司についていた海苔なんですが、これがなんとも香ばしくて良いアクセントになってました。

味付けは塩コショウで行いましたが、市販のチャーハンの素を使っても全く問題ないです。

感想

見た目は普通においしそうなチャーハンが出来ました。

味は思ってたよりすっぱい。でも嫌な感じではないです。

ワサビはどこいっちゃったんだ?ってくらい気になりません。

あんかけ焼きそばに酢かけて食べるのが平気な人ならおいしくいただけると思いますが、それが苦手な人は食べれないかも。

冷蔵庫で保存してシャリが固くなっておいしくなくなっちゃったお寿司を無理して食べるくらいなら、ネタは刺し身でおいしいうちに食べちゃう。残ったシャリは翌日チャーハンにして食べる。

これなかなか良かったです。

また機会があったらやると思います。

これは酢飯に合う!という味付けを発見したら追記します(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)