インフルエンザの異常行動

インフルエンザの異常行動

小5の息子と小2の娘が同時にインフルエンザB型に感染し、ふたりとも異常行動があったので参考までに書いておきます。

小2の娘の場合

小学校2年生(8歳)の娘は2月の上旬にインフルA型に感染し、その時は夜中にちょっとうなされるくらいで異常行動と言えるようなことはなかったのですが、今回のインフルB型では異常行動が見られました。

熱が39度を超えたので朝から病院へ。

検査の結果インフルエンザB型でした。

イナビルという薬を薬局で吸わせてもらい、熱冷ましの薬やらなんやらもらって帰宅。

その日の夜、夕食を食べて薬を飲ませて、そろそろお布団行きなさいよーなんて言ってたらソファーに座ってた娘が急に!

「怖い~~~(泣)」

と言いながら立ち上がってスタスタ歩きはじめたぞw

大丈夫だからとなだめながらソファーに座らせるもまた「怖い~~~」と言いながら立ち上がってスタスタ歩いている。

何か幻覚のようなものを見ているのか、とにかく非常に怖がって何かから逃れようとしてるのはわかるんだけど、立ち上がり方も歩き方もどう見ても逃げてる風には見えず、一言で言うならば、

日体大の集団行動。

まさにあれ。

姿勢良く、腕を大きく振ってスタスタとw

見えない何かに怯えているのはわかるんだけど、あの歩き方は謎です。

今回は常に親が近くにいて何かあればすぐに対応できたので笑い話にできてますが、目の届かない状態だとエスカレートして窓から飛び出しちゃったとか、そんなこともありえるだろうなと感じました。

その後熱が下がってもう大丈夫だろうと思った後も、急に泣き出して同じような行動を取ることが何度かありました。

小5の息子の場合

小学校5年生(11歳)の息子はインフルBで熱はマックスで38.5度、本人は意外と?元気なんですが、夜中に事件は起きました。

爆睡していた息子が急にガバっと起き上がり、

息子「お父さん!大丈夫?チクッとしない?なんか刺さってない?」

お父さんは大丈夫だよ。何か夢でも見たのかい?

息子「体がビリビリするよ。嫌な予感しかしないよ。」

インフルエンザは体が痛くなるから、そのうち治るからがまんしよ。

息子「でも嫌な予感しかしないよ。」

とりあえずポカリでも飲んで落ち着いてくれ。

息子ポカリ飲む。

息子「やっぱり嫌な予感しかしないよ。」

嫌な予感しすぎw

お父さんも近くにいるし、大丈夫だよ。

息子「お母さんも痛いはずだからちょっと見てきてよ。」

お母さんはインフルになってないし大人だから大丈夫だから、もう1回寝よ?

息子「うん。」

この日はこれにて終了。

寝ぼけてる風でもなく目はしっかり覚めてるんだけど、本気でビビってる感じでした。

翌日この件について聞いてみたところ、本人は全く記憶にないらしい。

翌日も日中は何ら問題なかったのですが、夜中にまたガバっと起き上がって、

息子「ご先祖様がね!ご先祖様がね!」

からはじまる何を言っているのかもよくわからないやり取りがありました。

普段寝言を言ったりするタイプではないし、いや、寝言じゃないよなあれは。

完全に目は開いてるし。

3日間は注意が必要っぽい

息子も娘も、発熱から3日間は異常行動が見られました。

解熱剤飲んでるせいもあって平熱まで下がってもう大丈夫みたいな顔をしてても、さっきまで元気だったのに急に熱が上がって異常行動がはじまります。

タミフルっていう薬の影響で異常行動出てるなんて話が昔ありましたが、薬関係なくそもそもインフルエンザ自体にそういう症状があるっぽいです。

目を離すとやばい!と思って24時間体制で子供の横で看病していた私は今、

なんと!

インフルBに感染しております。

(´Д`)

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)