タイバンコクでバーツに両替 レート表の見方と日本円への両替方法

前回の記事はこちら

タイの通貨バーツへの両替 日本国内で小額紙幣を用意するのはむずかしそうだ

タイバンコクで日本円をバーツに両替

日本国内で事前に両替しておいた方が安心かな?って思ったんだけど、いろいろ調べてみると想像してたよりかなり損をする(日本だとレートがめっちゃ悪い)のと、バンコクにはあっちこっちに両替屋があって困ることはないという噂を信じて財布にバーツがないままタイに到着しました。

おすすめの両替所は?

私がバンコクに行ってた時(2017.11.05頃)のレートで1万円を両替した場合、

・最高レートの両替所 2915バーツ(3.43)

・バンコク市内の普通の両替所 2835バーツ(3.53)

・スワンナプーム国際空港の両替所 2665バーツ(3.75)

・日本国内の両替所(銀行など) 2551バーツ(3.92)

こんな感じになります。※()内はレート

両替ですからレートが良いのは大事なことなんですが、一番レートのいい両替所が遠くてお金と時間をかけてわざわざ行くくらいならバンコク市内の普通の両替屋でサクッと両替してしまった方がいいんじゃないかなーと思います。

ちなみにタイバーツの現在の最高レートはこちらのサイトで確認できます。

http://thaibaht.ryogae.com/ (外部サイト)

両替方法 手順

タイ語も英語もわからなくても誰でも簡単に両替することができますので安心してください。

まず窓口で両替する日本円を出してください。無言でOKです。

1万円札がメインで、5千円札を出してる人も見ましたが千円札や小銭に対応してるかどうかはわかりません。

『パスポート』と言われたら出してください。要求されないお店もあります。

伝票とペンを出されたらサインしろということです。指差してくれると思いますが、わからなければなんとなくな場所にサインすればOKです。今手元にある伝票の控えを見ても私のサインが多分ここじゃないよねって場所にされているのがありましたが、特になにも言われませんでした。

サインはローマ字でも漢字でもOKです。

チップは不要ですが、最終的に小銭がめっちゃ余るので(買物時にどのコインが何バーツなのかわからず紙幣をドーンと出しておつりをもらうことが多いので)紙幣だけ受け取ってコインはチップとして置いてくるとスマートです。

両替所のレート表の見方

こちらは私が泊まったホテル「ザ・ウェスティン グランデ スクンビット」の隣りにあるショッピングセンター「ターミナル21」入口入ってすぐの両替所です。直結しているBTSアソーク駅内や駅の反対側にも路面店の両替屋がありました。

駅の近くや繁華街ならホントにあちこちにあります。

ターミナル21の両替所

ちょっと見づらいですが、両替所には必ずこんな感じのレート表があります。

左のBuys Notesがバーツを買う時のレートです。

1円で買えるのが0.28355バーツってことです。

1万円で2835.5バーツなので、小数点ずらすだけ。見たまんまです。

スワンナプーム国際空港の両替所

これは帰る時の免税店があるあたりの両替所のレート表です。

こちらも左の0.2665がバーツを買う場合のレートで、1万円出せば2665バーツもらえます。

バーツを日本円に両替する方法

バーツを日本円に両替する場合もレートが良いのはバンコク市内の両替所で、空港、日本国内の順にレートが悪くなっていきます。

帰国日にホテルをチェックアウトした時点で財布に入っていたのは4000バーツくらいでした。

小銭や小額紙幣はちょっと残すとして、大きいお金はなるべくレートのいいところで円に戻しておきたいんだけどどうすればいいのかわからない。

ググってみてもピンとこないので、ターミナル21の両替所に突撃です。

とりあえず行ってみた

これさっきと同じレート表なんだけど、どうやらバーツで円を買う場合は一番右のレートになるらしい。この日は0.2994です。

手元に約4000バーツあるうちの小銭(小額紙幣も)はちょっと残して3500バーツを窓口に出して「ジャパン」と言ってみました。

窓口のおねーちゃんがあれこれ計算をして、「991」と表示された電卓を差し出してきました。手元には1万円札と5千円札が各1枚ずつ用意されている。

あと991バーツあれば15000円になるということだな。

しかしこちらの手元に残ってるのは約500バーツ。足りない。

とりあえず残念そうな顔をしながら「ノー」と言ってみた。

1万円札1枚と、506バーツが戻ってきました。

2994×1.5=4491

4491ー3500=991

こんな計算だなきっと。

基本は1万円分ずつだと思ってた方がいいみたい

先程の感じだと、2994バーツ持ってくれば1万円あげるよ。ということで間違いないようですが、日本円の用意は基本1万円札、たまに5千円札もあるけど千円札はないと思ってたほうがいいかもくらいな感じのようです。

レート表が1列のみのお店は多分 円→バーツ しかできないと思われます。

あと店によっては1万円札と千円札と別々にレートを表示してるお店もあるようで、そういうところだと常に千円札の用意がありそうです。

クレジットカードは損?得?

帰りに空港の免税店でおみやげを買った時のものです。

換算レート約3.5ということで、バンコク市内の普通の両替所と同じくらいのレートでした。

これならレートのことは気にしないでクレジットカードで買物しても大丈夫そうですね。

ただしスキミングや不正使用のリスクがありますので、ちょっと怪しげなお店だなと思ったらカードは使わず現金の使用をおすすめします。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)