タイ国際航空【直行便】新千歳空港発 バンコク・スワンナプーム国際空港行き

タイ国際航空【直行便】新千歳空港発

現在新千歳空港発のバンコク行きは、タイ国際航空が1日に1便あるだけです。

以前はLCC(エアアジア)もあったようなんですが、タイの航空業界監督当局に対し安全運航の審査体制などで「重大な懸念(SSC)」があるとの監査結果が出た影響ですぐになくなってしまったようです。

https://www.jica.go.jp/thailand/office/information/event/160301.html (独立行政法人国際協力機構)

重大な懸念。。

どうしても安い飛行機で行きたいのであれば、成田で乗り換えるかマレーシアで乗り換えるかって感じになるようなのですが、時間がかかるのと、遅延した、飛ばなかった、なんてことがあった時にその都度アドリブを効かせなければならないという手間があります。

国内ならどうにでもなりそうなんだけど、言葉が通じないところでその状態って嫌だな(´Д`)

ということで今回は直行便です。

バンコク・スワンナプーム国際空港行き

タイ国際航空TG671便

新千歳空港/札幌 10:00発

スワンナプーム国際空港/バンコク 15:50着

時差が2時間ありますので、乗ってる時間は7時間50分の予定です。結構長いな。

座席は広い?狭い?

身長190センチ、体重90キロちょいで膝が悪く腰痛持ちの私は、座席のシートピッチが狭いと国内線の1時間半のフライトでも拷問のようにつらいです。

ですのでいつもは非常口前の座席を事前に予約して事なきを得るのですが、今回はそういうのができなかったようで(社長任せ)チケットをもらう時にも一応お願いはしてみたのですが、ちょっとむずかしいです。とのことでした。

そんなにつらいなら最初からビジネスクラスにしておけよ!って感じですが、今回は予算の都合でエコノミークラスです。

これが190センチのでかいおっさんがエコノミーの座席に座った図だ。

狭く見えるかもしれないけど想像してたより余裕があります。

スカイマーク、エア・ドゥあたりの座席だと前の人にちょっとでもリクライニングされたら痛い痛い痛い!ってなるくらいピッチピチのきっつきつだった記憶がありますが、これならJAL、ANAの国内線くらいかな?

とはいえ真ん中の席でかつ両サイドにでかい人が来たりしたら相当しんどいと思われます。

今回は窓側から3列並んだシートが、私、社長、空席、となっていたため真ん中を空けてゆったり座れたのでラッキーでした。

ちなみにすぐ前の席が非常口前の足元広い席だったのですが全て空席で、飛ぶ前に別な席から移動してきたと思われる人がひとり座りました。

後で調べてみたところ、非常口前席はタイ語か英語ができなければダメらしいです。

おやつはコイケヤスコーン

離陸してシートベルトサインが消えたらおやつタイムです。

コイケヤスコーン和風バーベキュー味の小さい袋のやつが配られました。

ダイエット中にこういうのは困るよ(´Д`)

まー食べたけどさw

飲み物はいろいろ選べるようですが、多分聞いてもわからないので社長のを指差してコレと同じのをってジェスチャーしたらコーラになりました。

機内食は麺に麺

おやつのちょっと後くらいに機内食が出ます。

チキンorポーク?チキンは辛い。って言われて無難にポークを選んでしまったことを今でも後悔しています。

くっそ辛くて死ぬかと思ったぜ。とか、言うほど辛くね~じゃねーかよ!とか、やっぱ体当たりって大事よね。

大体見たまんまなのですが、注目すべきは焼きそば(普通のソース焼きそば)の他につけ麺(ざるラーメン的なやつ)と、麺が2種類あることです。

麺に麺です。

この黄色い麺はお蕎麦ではないと思うんだけど、ワサビがついてるんですよね。なんかよくわからないけどまーまーおいしいです。

ゼリーでも入ってそうな容器ですが、ただの水です。

「ホテルニュー王子」は調べてみたら苫小牧にある王子製紙のグループのホテルでした。

バターのフタを剥がしたら何とも気になる形をしていたので撮影しました。

パンに塗ろうと思ったらめっちゃ冷えてたらしく、固くてびっくりですw

映画見れます

全席モニター付きで映画が見れます!

写真のようにサムネイルになってますので選択すると視聴または予告が見れます。

全部で100種類くらいあったと思います。

ちなみに私は、「ゴーストインザシェル」と「猫忍」を見ました。

モニターの下に明るさを調整するBRIGHTNESSというボタンがあるのですが、私の席のは壊れていて調整ができず暗いシーンは全て真っ黒で何が起こっているのか全くわからない状態に(´Д`)

まーでもないよりはマシか。

音声はこのヘッドホンで。

スポンジの部分は自分で付けるようになってますが、ちょっと苦戦しました。

だってちょっとやんちゃしたら破れそうなんだもん。

リモコンは左の肘掛けについてます。写真の右側にあるボタンを押すとリモコンがビョン!って出てきます。

コード付きなので落とす心配はありません。ひっぱれば結構伸びます。戻す時は掃除機のコードの要領で。

使い方はわかりやすくはないけど、ギリギリ直感でいけるかなといった感じです。

離陸してすぐとか、動作が遅いというか反応が悪いというか、なんか変だぞ??ってなる時間帯がありますがそういう時は待つしかないです。時間が経てば安定してきます。

出入国カード

途中で出入国カードなる紙が渡されます。大事な書類です。こっちが入国カード。

こっちが出国カードです。

なんか飛行機の中で書く紙があるからペン持ってきた方がいいよと社長から言われてたのはこの紙のことだな。

Family Name(姓)、First Name ando Middle Name(名)、Nationality(国籍)、Passport No.(パスポート番号)、Visa No.(ビザ番号)、Address in Thailand(タイでの住所・ホテル名)、Flight of Other Vehicle No.(搭乗便名)、Male or Female(性別)、Date of Birth(生年月日)、

英語がダメな人にもわかる程度の英語ではあるものの、間違ったらどうしようと思うとどうにもペンが進まないおじさんが2名。

あと裏面にも、登場便のタイプ、タイへははじめての旅行ですか?、団体旅行ですか?、宿泊施設、渡航目的、年収、職業、居住している市、居住国、搭乗地、タイ出国後の次の目的地、などを記入するようになってます。

タイ 出入国カードの書き方(JAL公式サイト)

事前にある程度覚えていった方がいいです。

キャビンスナックなる軽食

着陸のちょっと前くらいだったかな。軽食が配布されました。

なんていうかこう、、どういう食べ物なのか説明できないけどおいしかった記憶がありますw

到着がちょい早まって15時着

日本時間だと定刻で10:00発、17:50着。

2時間ぴったりの時差があるのでタイ時刻だと到着予定は15:50。

しかし、飛行中に15時ちょうど着というアナウンスがありました。

タイ航空はわりと頻繁に遅れるって噂を聞いてたんだけど、50分も早まったらちょっとうれしかったです(・∀・)

帰りの飛行機はこちら。

タイ国際航空【直行便】バンコク・スワンナプーム国際空港発 新千歳空港行き

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)