初心者も安心!バンコクで高級タイ料理MAHANAGA(マハナガー)

初心者も安心!バンコクでタイ料理

せっかくタイに来たんだからタイ料理が食べたいんだけど、屋台は食中毒が怖い。

初海外な初バンコクで一晩中トイレにこもってました。なんてことになったら大変なので観光客も安心して食べれるタイ料理屋を探しました。

高級タイ料理MAHANAGA(マハナガー)

行き当たりばったりでたどり着いたお店ですが、見るからに高級そうな佇まいです。

MahaNaga(マハナガー) Modern Thai Cuisine

今日はここに決定!

マハナガーの場所

住所 Sukhumvit soi 29, Bangkok Thailand

電話番号 02-662-3060

営業時間 17:30~23:00

アソーク駅とプロンポン駅の中間くらいにあります。

アソークからプロンポンへBTS沿いに歩いて500mくらい行くと左にオレンジ色のマッサージ屋がありますのでその角を左へ。(大通りにお店の看板があります)

30mほど進むと右側にお店があります。でかいお店なので見逃すことはないでしょう。

店内の様子

ものすごく広くて洗練された空間です。

生バンドの演奏もやってました。

このステージの前の中庭にお客さんが集中してましたが、暑いのは嫌なのでエアコンの効いた建物内の席をお願いします。

東洋人から欧米人まで、ワールドワイドな客層ですが現地人っぽいお客さんはいなかったと思います。

シンハーで乾杯です。

タイビールと言えばシンハーとチャーンが有名なようです。

両方飲んでみましたが、シンハーは辛口でスッキリ系。

チャーンはよりビール感が強い感じです。

謎のサラダ

注文は全て現地で合流したタイ在住のビジネスパートナーにお任せしたため、詳しいことは良くわからないで食べてました。

これは「サラダだよ。」と言われたやつ。

オクラかな?と思わせるような形のものが入ってるけど、どうやらオクラではないっぽい。

謎のサラダです。味は普通。

パッタイ

パッタイ 350バーツ (約1,225円)

カオサン通りの屋台なら30バーツくらいで食べれるパッタイが10倍以上の値段です。

さすが高級店。

私はこれが一番おいしかったです。

グリーンカレー

グリーンカレー 750バーツ (約2,625円)

値段なんて全然見ないで食べてたけど、こんなにお高かったのね。

結構辛いです。おいしいんだけどルーの少ないこと少ないことw

こんな皿にうすーく伸ばしたくらいしかルーがないならライスなくてよかったよと思いました。

スズキのライム風味チリソース蒸し

スズキのライム風味チリソース蒸し 750バーツ (約2,625円)

非常に甘くて、酸っぱくて、辛い。以上!って感じ。

今思うとこれが一番タイ料理感を出してたような気がします。

JCBカードは使えません

チェックプリーズ!(会計お願いしまーす)って言ったら、かしこまりーって感じ店員さんが戻っていったんだけど、待てど暮らせど戻ってこない。

これはちょっとおかしいぞ?って思うくらい(多分10分とか)待っても誰も来ないので再度店員を呼びます。

更に待たされます。

タイではこのくらいのんびりしてるのが普通のようです。気長に待ちましょう。

JCBカードは使えますか?って感じでクレジットカードを見せたらOKだって言われたんだけど、その後来た別なスタッフからJCBカードは使えないと言われました。

VISAとMasterは使えるそうです。

他の国に比べてタイはわりとJCBも強いって聞いてたんだけど、やっぱVISA・Masterにはかなわないんだな。

初タイ料理 感想

レトルトや缶詰のグリーンカレーくらいは食べたことがありますが、本格的なタイ料理を食べたのは人生初です。

それほどおいしいものではないなというのが正直な感想。

ただ、現地の人が食べてるような価格で食べれるなら、コスパも考慮するとかなりアリな食べ物になりそうです。

もうタイ料理はいいや。

って感じで社長とも意見が一致したので、その後は豚しゃぶだのマックだの日本でも食べれるようなものばかり食べました。

しかし、日本に戻ってからどっぷりタイ料理にはまることになるのです。。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)