2018年オオクワガタ繁殖状況 能勢YG Fライン

2018年オオクワガタ繁殖状況

かじりまくってるけど全部空砲だったり、産んだけど無精卵なのか環境が悪いのか卵がダメになってしまったり、まーでも5ラインもやって全部ダメなことはないだろうと思いつつも、今年の能勢YGは全部同じ種親♂を使っているということを思い出しました。

万が一オスが種なしとか、極度の下手くそとか、難ありな感じだったとしたら全ライン全滅ってことか。

恐ろしい。

ゼロで終わったら悲しいので保険的に幼虫を5匹購入しました。

能勢YG Fライン

♂83.5 gifunotaka氏 YG16D4-1

♂83.0 Gull氏 YG1407-4

(875同腹、親871)

♀53.0 Gull氏 1502-14

早期

♀50.0 龍氏 ♂88.3 とも氏 852520
♀54.7 とも氏 850561

早期

ペアリングから採卵、孵化させて幼虫育てて蛹化して、無事に羽化までさせてはじめて「自分で育てた!〇○ミリを出した!」と言えるのではないかと思っていたのですが、買ってきた幼虫にも番号振らなければ管理がしずらいし、自分で育てたの話をとことん突き詰めていくと自分でワイルド個体採取するところからやらないとダメか?って気がしてきたので気にしないことにしましたw

5月16日 到着

プリンカップに入った初2令幼虫が届きました。

プリンカップの菌糸の種類は不明です。

5月18日 菌糸ビン(S8)投入

使用する菌糸ビンは神長きのこ園のS8です。

これだけひと回り大きめでした。

4月中旬に最初の割出しでその後も幼虫がとれているとのことだったので、これだけ初期のロットっぽいです。

他は2令になったばっかりくらいのサイズです。

3ヶ月後(8月中旬頃)2本目に交換予定です。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)