スタッドレスタイヤ性能比較ブリヂストン VS ヨコハマタイヤ

前回の記事はこちら。

【ダダ滑り】新品すぎるおろしたてスタッドレスタイヤは危険なのかもしれない

スタッドレスタイヤ性能比較

ブリヂストンのスタッドレスタイヤ、ブリザックVRXを3シーズンちょい使いました。

車はスバルXV(GP7)です。

その後ヨコハマタイヤのアイスガード5プラスに履き替えて、新品おろしたてだったせいで滑って滑ってひどい目に会いましたが、装着したら1500キロほど走行した現在ではびっくりするほど効きます。止まります。

プラットフォーム出るか出ないかのギリギリまで使ったVRXと新品のアイスガード5プラスの比較だとフェアじゃないので、なるべくVRXの1年目はこんな感じだったよなーと回想しながら比べた感想を書いてみようと思います。

制動距離は間違いなくヨコハマ

タイヤ公正取引協議会によるスタッドレスタイヤ性能比較テストの結果は、ほぼほぼ同じ条件で比較してブリヂストンVRXが14.7m、ヨコハマアイスガード5プラスが13.0mということでしたが、実際に乗っていても制動距離はヨコハマの方が短く、良く効き良く止まるタイヤだという実感があります。

つい先日国道を走っていると脇道からアウトなタイミングで車が出てきて、この路面でこの速度でこの距離、終わった(´Д`)と思いながらブレーキを踏んだのですが、VRXだったらぶつかっていたような状態でも、「おお、すげえ。」と思わす独り言が出てしまうほどアイスガードは効いて止まりました。

横滑りに強いのはブリヂストン

ヨコハマのスタッドレスに履き替えてみて、ブリヂストンVRXは横滑りにめちゃめちゃ強いタイヤだったんだなということに気付きました。

滑らないから逆に怖い。急にグルンといくんじゃないのか?という不安を常に抱えてしまうくらいカーブには強かったです。

対するヨコハマアイスガード5プラスはちょっとしたカーブでもすぐに滑ります。じわーっと滑っていくので怖い感じはしないというか、逆に安心という面もありますが、滑ります。

狭いところで転回したい時に、アイスバーンを利用してサイドターンという横着をよくするのですが、VRXは結構勢い付けてやっても回転が足りなくて結局切り返すなんてことが多々ありましたが、アイスガードはちょっと控えめにやってもきれいに回転してくれます。

結論、都会ではヨコハマ、山間部ではブリヂストン

ヨコハマと言っても、スタッドレスだけでも結構種類があるし、使う車種によっても相性の良し悪しがあるので一概には言えないのかもしれませんが、私が実際使い比べてみて感じた感想は、都会はヨコハマ、山間部はブリヂストン、です。

ストップアンドゴーの多い都会(都心部)では制動距離が重要になってきますので、ヨコハマアイスガード5プラスをおすすめします。

逆に山間部(峠など)の運転が多い場合は、カーブに強いブリヂストンブリザックVRXをおすすめします。

総合的に比較してみて、次買うとしたらどっちにする?って聞かれたら、、

個人的な好みとしてはBSなんだけど、

値段のこと考えたらヨコハマかな。BS高いし。

もし耐摩耗性で差があるなら減らない方のタイヤにすると思います。

ちなみに乗り心地や静粛性は、どちらも同じくらい悪いです(´・ω・`)

冬タイヤにそこは求めませんけどね。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)