はじめての左巻き【ダイワ】ジリオンSV TW(1016SV-SHL)開封インプレ

はじめての左巻き【ダイワ】ジリオンSV TW(1016SV-SHL)開封インプレ

ベイトリールはダイワ派でもシマノ派でもありません。両方派です。

どっちも使ってこそそれぞれの良い点悪い点が見えてくると思うのです。

ダイワはTWS搭載だと、ミスキャストしても風が強くてもトラブルが少ない印象。シマノのDCよりトラブらない気がしています。

ハンドルは右巻き派でしたが、今回はじめて左巻きにチャレンジです。

たまに友人のを借りて使ったりしますが、ものすごくギクシャクするので慣れるまでは大変そうです。。

箱、付属品など

箱です。相変わらずダイワの箱は小さいです。

ZILLION(ジリオン)SV TW 1016SV-SHL

SH=スーパーハイギヤ だと思われますが、シマノのHGと同じくらいのギヤ比・巻取り量です。

オープン!

リール本体、取扱説明書、アンケート登録ID番号カード、パーツリスト(展開図・部品表)

箱の中身は以上です。シマノはオイルが付属してきますが、ダイワはそういうのは付いてきません。

リール本体

出して触って巻き巻きしてみて、まず最初に思ったのが「カチャカチャしない。」でした。

タトゥーラは高速巻き(回収巻き)するとハンドルがカチャカチャする感じがちょっと嫌だなーと思ってたのですが、さすがにジリオンクラスになるとそのようなハンドルの遊びというか、カタカタする感じはありません。

バンドルノブのキャップが安っぽい

税込定価4万円超えのリールでもこれか!びんぼくさいのう(´・ω・`)

シマノは約半額のカシータスMGLでももっとかっこいいハンドルノブキャップがついてるぞ?

ダイワはスティーズクラスにならないとかっこいいキャップはつかないようだ。

SVスプール

SVのメリット
■軽量リグから重量級ルアーまで、ベイトの中で一番守備範囲が広いので・・・
・4インチワームのネコリグから、ビッグベイトも楽に扱える。
・身近なフィールド(野池、川など、オカッパリ) で一番出番が多い。
・1台で色々なリグ、ロッドとのセットが可能になる。
・スプール強度を犠牲にしていないため、太糸でフィネスリグを使え、50cmアップでもゴボウ抜きできる。

■バックラッシュが極めて少ないので・・・
・ボート等近距離戦での高アキュラシー。 ポイントにズバズバ決まる。
・スプール立上がりが素軽く、スキッピング、バックハンドなど変則キャストもバシバシ決まる。
・ビッグベイトやスピナーベイト等、空気抵抗の大きく投げ難いルアーを気持ち良くキャストできる。
・マグダイヤルだけで向かい風を恐れずキャスト可能。 むしろ悪条件下ではノーマル(マグフォースV、Z)より飛ぶ。

めっちゃメリット多いっすね。

実際どうなのかはこれから使ってみてインプレしようと思います。

早速糸を巻きます。

今回使うラインはバリバスの怪魚専用PEラインSi-X VAMOS 4号65mです。

ツルツルスプールで空転したら嫌なのであらかじめスプールにセロハンテープを巻いておきました。多少は摩擦抵抗になるだろう。多分。

4号(16ポンド)の標準糸巻量は、、

40~80m?

幅もたせすぎだろ(笑)

ってこれはダイワが悪いわけじゃなく太さがまちまちなのを作ってるラインメーカーが悪いんだろうな。

ちなみにバリバスの怪魚PE4号65mを全部巻いて、ほぼほぼいい感じの糸巻量になりました。

9分目くらいでしょうか。

このライン、コーティングの持ちが良くてツルツル状態が長く続くのでおすすめですよ!

ってなんか最後は糸の話になってしまいましたが、リールはこれからしばらく使ってみて再度インプレしようと思います。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)