タイ・バンコク ターミナル21のMKレストランで豚しゃぶ(タイスキ?)です

ターミナル21のMKレストランで豚しゃぶです

タイ・バンコク2日目の補足的な記事です。

タイ料理はまだ1回しか食べてないのに、どこに行ってもナンプラーのにおいがするのでタイ料理はもうお腹いっぱいな気分です。

って言ったら、豚しゃぶを食べに行こう!と連れて行かれたのがターミナル21にあるMKレストランでした。

ターミナル21 MKレストランの場所

ターミナル21はBTSアソーク駅の目の前で、駅と直結になっています。

MKレストランは4階です。同じフロアに、吉野家、大戸屋、CoCo壱番などなど、日系の飲食店や日本食レストランがたくさんあります。

ちなみに5階にはピア21というフードコートがあり、本格的なタイ料理が屋台価格で食べれます。

しかも清潔!

屋台は衛生面が不安という人もここなら大丈夫です。

私はここでいろいろ食べなかったことを後悔していますよ(´Д`)

豚しゃぶってタイスキのことなの?

帰ってきてからMKレストランを調べてみると、タイスキのお店と書かれていました。

タイスキって何だ?

名前の由来は タイ風すき焼き=タイスキ とのことですが、内容はしゃぶしゃぶに近く、日本のMKレストランは しゃぶしゃぶと飲茶のレストラン として営業しているようで。

そっかこれってタイスキだったのか。

そしてMKレストランって日本にもあるのか。

食べた時はタイスキなんて言葉も知らなかったので、なんだこの完全にタイ風味なタレは!

ぽん酢とかゴマダレとかないのかよ!って思ってました。

ちなみに私の思うタイ風味は、辛い、すっぱい、甘い、ナンプラー、パクチー。

ジャジャーン!

想像してたよりゴージャスだぞ。

練り物多すぎじゃね?って気もしますが、一応魚介類も付いてきました。

牛肉も注文してみました。

うーん、

豚の方がいいと思うw

玉子はシメに使います。

感想 日本の野菜はおいしい!

タイスキの全体的な感想は、良く言えば普通においしい。

厳しめな言い方をすれば、普通に食べれる。

今回特に印象に残ったのは、野菜の味のなさ。

カボチャもトウキビも甘みが一切ないんです。

衝撃を受けるほど味のない野菜を食べながら、日本の野菜はすげーなと。

そしてその日本の中でも最も食べ物がおいしい北海道に住んでいる私は、もしかすると世界で一番おいしい野菜を食べているのではないかということに気付きました。

これはすごいことに気付かされた。

そういう意味では大きな収穫のあったディナーでした。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)