メルカリはナイフを出品できなくなったらしい

メルカリはナイフを出品できなくなったらしい

ナイフ愛好家の皆さん、こんにちは。

キャンプやブッシュクラフトで使う小型のシースナイフが好きなのでヤフオクやメルカリなどを定期的にチェックしているのですが、先週くらいからメルカリへの出品が急に減ったなーと思っていました。

買う立場からするとちょっとがっかりですが、売るならライバルが少ない今がチャンス!と思って早速コレクションから1本出品してみたんですよ。

すると約10分後、

運営から商品削除のお知らせが届きました。

商品削除のお知らせ

禁止されている出品物?

先週まで似たようなナイフがいっぱい出品されてたじゃないか。

検索してみるとナイフが全然出品されていない。減ったのではなく全く出ていない。

どうやら急に厳しくなったらしい。

問い合わせしてみた

《ガイド違反内容》
・犯罪や違法行為に使用されるまたはそのおそれのあるもの

下記についても該当します。
・武器類とみなされるもの
・銃刀法違反にあたる可能性のあるもの
・違法改造物や殺傷能力のあるエアガン、モデルガン
・その他、犯罪や違法行為に使用されるとみなされるもの

ってことなんだけど、どれもピンとこないというか、当てはまってない気がするので項目ごとに確認の問い合わせをしてみました。

・犯罪や違法行為に使用されるまたはそのおそれのあるもの

タクティカルナイフなど、戦闘用に作られたものであれば理解できるのですが、ブッシュクラフトナイフは生活用品です。これがダメなら包丁もハサミもダメだと思いますがどういう基準なんでしょうか?

・武器類とみなされるもの

経済産業省が定める武器類の中の「刀、剣、やりその他これらに類する武器並びにこれらの部分品」に当たるかどうかだと思うんだけど、今回のナイフは銃刀法違反に当たらないのでこれには該当しません。

・銃刀法違反にあたる可能性のあるもの

刃渡り15センチ未満なので所持が禁止されている刀剣類には当たりませんし、所持することも使用することも可能です。警察にも確認済み。(ただし、刃渡りが6センチ以上あるので使用する目的のないときに携帯するのは不可。)

・違法改造物や殺傷能力のあるエアガン、モデルガン

改造していませんし、ガンではないです。

・その他、犯罪や違法行為に使用されるとみなされるもの

野球のバットだって犯罪に使われますし、花瓶が殺人事件の凶器になることもあります。
全部削除になりますか?

こんな感じで聞いてみました。

回答 それは凶器

お問い合わせいただきありがとうございます。

お問い合わせの商品は、禁止されている出品物「犯罪や違法行為に使用される又はそのおそれのあるもの」に該当するため削除いたしました。

《具体的な商品例》
・武器類とみなされるもの
・犯罪や違法行為に使用されるとみなされるもの

該当のナイフにつきましては、凶器として悪用される可能性もございますので、出品はお控えください。

※銃刀法に抵触しない商品も含め、上記に該当する可能性のある商品は禁止しております
※果物ナイフや包丁をはじめとした調理器具など、商品自体の用途が明確なものについては、基本的に制限はしておりません

恐れ入りますが、より具体的な判断基準については、運営管理上ご案内いたしておりませんのでご了承ください。

皆さまに安心・安全にご利用いただくため、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

要は、明確な基準はないけど俺がダメって言ったらダメだバカヤローと、そんなような回答でした。

危険か危険じゃないかは使う人次第。

最近メルカリばっかり使ってたけどヤフオクに戻ろうと思います。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)