【レシピ】市販のルーを使わないビーフシチューの作り方

【レシピ】市販のルーを使わないビーフシチュー

クリームシチューとビーフシチュー、どっちが好き?

と息子に聞かれました。

もしかして俺ビーフシチュー食べたことないかも。

いや、どこかでちょっとくらいなら食べたような気もするけど、家庭で食べたことは生まれてこの方一度もないな。

質問してきた息子も食べたことがないという。

よし、作ってみよう。

コココロキッチンのレシピ


たまたまYoutubeで見たCOCOCOROチャンネルのレシピを参考にして作りました。

本家の材料

牛肉(ホホ肉) 600g

きのこ類 お好みで

玉ねぎ 中1個

にんじん 中1本

トマト缶 200g

デミグラスソース缶 150g

※きのこ類はマッシュルーム7個、しめじ半分、えのき半分

※トマトとデミグラスソースはそれぞれ缶半分くらい

ウスターソース 10cc

醤油 20cc

みりん 20cc

オイスターソース 20cc

黒砂糖 10g

ローリエ 3枚

セロリ(葉っぱ) 適量

水 200cc

黒ビール(黒ホッピー) 200cc

赤ワイン 200cc

分量外 小麦粉・塩・コショウ・油

その他 ブロッコリー、パセリ、生クリーム、パン等

今回の材料(およそ2倍)

缶半分、缶半分、きのこ半分、って感じで残してもしゃーないので、材料を2倍にしてキリよく作りました。

ぴったり2倍にならなかったものもありますがそこはご愛嬌で。

牛肉(もも肉と謎のカレー用肉) 約1キロ

きのこ類 えのき1パック、エリンギ1パック、しめじ1パック、マイタケ半分(マッシュルームが売ってなかったので代打でエリンギ、マイタケは余ってたやつ)

玉ねぎ 中2個

にんじん 中2本

トマト缶 400g(1缶)

デミグラスソース缶 300g(1缶)

ウスターソース 20cc

醤油 40cc

みりん 40cc

オイスターソース 40cc

黒砂糖 20g

ローリエ 6枚

セロリ(葉っぱ) 適量

水 400cc

黒ビール(黒ホッピー) 330cc

(本当は400cc入れたかったけどホッピーは1本330ccなのです)

赤ワイン 400cc

分量外 小麦粉・塩・コショウ・油

その他 ブロッコリー、パセリ、生クリーム、パン等

作り方

今回使う牛肉たち(牛モモ肉と部位不明なカレー用牛肉)。

本当はもっとスジっぽい部位の方がいいみたいなんだけどこれしか売ってなかったので物は試しで使ってみます。

カレー用はすでに切ってあったので塩コショウを振っていきます(両面に)。

その後小麦粉をまぶして、

焼きます!

モモ肉カットしました。これも同様に塩コショウして小麦粉をまぶして焼いていきます。

焦げ目強めくらいの方がいいらしい。

奥では角煮の下茹でが行われていますが今回のビーフシチューとは全く無関係です。

プロテインは飲みませんが、なぜかうちにはプロテインシェイカーがあります。

シェイカーに入っているのが赤ワイン400cc。

あと黒ホッピーを1本(330cc)。

セロリの葉とローリエを入れてコトコトくらいで30分煮込んでいきます。

アクが出たら取ります。

30分後。

あれ、本家の動画ではもっと水分が煮詰まってたんだけどな。。

フタは使ってないのに。

とりあえずセロリとローリエはここで取り出します。

このタイミングで追加するものたち。

野菜やきのこ類は肉を煮込んでる最中に切っておくと良いです。

デミ缶とトマト缶を入れてトマトはちょっと潰しておいて、

野菜ドバっと投入!

調味料も全て加えて弱火で煮込んでいきます。

煮込み時間はどのくらいで肉がやわらかくなるか次第なんだけど、目安は2~3時間です。

3時間経過。

フタは一切していないのに煮詰まりが足りない感じでシャバシャバです。

しょうがないので焦げ付きに気をつけながら更に煮込むこと1時間半位。

はい!完成!

生クリームがなければマヨネーズにちょっと醤油を入れて水で溶いたものを使ってもそれっぽくなるようです。

焼いたパンにオリーブオイルをちょっとかけて、あとなんとなくオムレツも作りました。

感想

市販のルーで作ったビーフシチューを食べたことがないのですが、それでもこれはワンランク上の味だなと思いました。

うまい!

子供達も喜んで食べてます。

ただ、肉のチョイスは完全に失敗。

脂身があるとダメだっていうからモモ肉主体で作ったんだけどこれがどうにも固いw

食事を残すのは基本許さない家庭ですが、おいしんだけどこの肉はきついなーって顔してる娘に「それちょっと失敗したっぽいから残してもいいよ」と言いました。

もっと煮込めば柔らかくなるとかっていうことではないっぽいし(4時間半くらい煮たし)、やっぱもうちょっとスジっぽい、コラーゲンありまっせ!みたいな部位がいいようです(なんなら牛スジの方が良かったかも)。

時間はかかるけど手間はそれほどかからないので、今度はもっと適した肉を用意してリベンジしてみようと思います。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)