ガーミンのスマートウォッチInstinct Tactical使ってみた

スマートウォッチに興味を持ったきっかけ

頑なに腕時計はしないと言っていた社長がある日突然こんな時計を付けてきたわけですよ。

値段を聞いて目ン玉飛び出そうになりつつも、このモデルが特別高いだけで安いのは2~3万円位で買えるらしい。

体のいろんなデータをモニタリングしている様子をスマホで見せてもらってちょっと欲しくなりました。

比較検討した機種

Apple

私はiPhone11を使っているのでスマートウォッチを買うならアップルウォッチがいいんだろうなと思いつつも、どうにもあのデザインが苦手です。

でもいろいろ調べてみると、アップルウォッチってスマホを持ち歩かなくても時計だけで通話やメール、LINE等のメッセージの送受信もできるらしいんですよ。

すげえ。

一番売れてるし、他の機能、性能なんかを見ても多分これ買っとけば間違いないんだろうなーと思いつつも、自分のライフスタイルや服装なんかを考慮すると見た目に似合わない気がするので却下。

HUAWEI

値段が安いので売れてるようなのですが、ファーウェイってあの華為でしょ?

嫌だ。怖い。

CASIO

私の大好きなGショックのやつがありました。

ただ、もう40代なのでそろそろこのゴツゴツな時計は卒業してもうちょいスマートな時計を着けるべきなのでは?という気もしています。

ちなみに今使ってるのはこのマッドマスターです。

Garmin Instinct Tactical購入

結局購入したのはガーミンのインスティンクトタクティカルというモデルです。

ガーミンインスティンクトタクティカル。

早口言葉のような名前でいまだに覚えられませんが、「最も過酷な環境に耐えうるタフネスGPSアウトドアウォッチ【インスティンクト】シリーズ」とのことなので私のライフスタイルと合致しました。

上位機種であるフェニックスシリーズと機能はほとんど変わらないのに半額程度で買えるお買い得モデルです。

GARMIN INSTINCT TACTICAL

タクティカルではない普通のインスティンクトでも良かったような気もしている。

耐衝撃、防水、耐熱、心拍計、通知、コンパス、気圧高度計、GPSナビゲーションの他に、タクティカル機能としてナイトビジョン、デュアルポジションフォーマット、ステルスモードがあります。

オープン!

保証書と専用充電ケーブルが同梱されていました。

マッドマスターとの比較。写真で見るより差が大きいです。

厚みがすごいんだよね。。

電源入れる前はダサいけど、電源入れて黒背景白文字にすると急にかっこよくなります。Gショックの黒液晶は非常に見づらいですが、こちらは全くそのようなことがありません。

お好みで白背景に変えたり、ここに日付と曜日、ここに心拍数、ここに万歩計、というように配置をカスタマイズすることもできます。

実際に使ってみた感想

ガーミンと言えばGPSなんだけど私の場合そこは重視してなくて、今回決め手になったのはストレスレベルを数値化してくれる機能でした。

これガーミンだけなんですよ。

ただ実際使ってみて、めっちゃメンタルやられてる時でも低く表示されるので自分が思ってたストレスとは違うストレス(車の運転中なんかは高ストレスで表示されます。それが楽しいドライブだったとしても。)を表示しているようです。

でも考えようによっては、自分でわかるストレスはいいとして、自分では気付かないストレスを数値化してくれるんだからこれはこれでいいのかもしれません。

ベルトが非常に柔らかい。Gショックのが硬かったから余計にそう感じるのかもしれません。

これで大丈夫なのか?って思うほどにしなやかで良いつけ心地なんだけど、何度かベルトかぶれを起こしました。

睡眠ログを取るためにお風呂入る時以外つけっぱなしなのが良くなかったのかもしれません。

現在は毎日水洗いすることと、日中は左腕、夜間(寝る時)は右腕と交互につけることで解消されました。

スマホへの着信をバイブで教えてくれるので、ポケットに入れてなくても、歩いてても走ってても通知を逃しません。

万年マナーモードなので必ずポケットに入れていましたが、これからはバッグに入れておくこともできます。

心拍数なんて今まで意識したことがなかったけど、意外な時に上がっていたり新たな発見があるので見ててちょっと楽しいです。

これからは自転車や登山でペースや休憩のタイミングを判断するのにも使えそうです。

iPhoneとのペアリングがうまくいかない場合があるという噂があったのでそれだけ心配でしたが、今の所そういった不具合は一切ありません。

良い買い物でした!

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)