ラーメン桜島月寒東店へ。もっと混んでてもいいと思うんだけど。。

追記 久しぶりに行ったら閉店してました(´Д`)

 

ラーメン桜島現在は全部で3店舗

札幌市西区西野の本店、

千歳アウトレットモールレラ内の千歳店、

そして3店舗目が今回行ってきた月寒東店。

 

もう15年位前になりますが、消化器系で結構深刻な病気になり、手術のため明日から入院。

もしかしたらこれが病院以外の最後の食事になるかも。

なんて思いながら、その日の夕食に食べたのは西野の桜島のラーメンでした。

そのくらい好きなラーメン屋さんの支店。

いろんな意味でドキドキです。

 

ラーメン桜島月寒東店の場所

札幌市豊平区月寒東5条11丁目6-12

011-598-0400

営業時間 12:00~20:00

定休日 毎週月曜 (月曜が祝日の場合は営業 翌火曜定休)

 

東北通沿いです。

駐車場は店前に2台分ありますが、1台分は歩道の縁石が切り下げになっていないので車高の高い車以外は入れません(´・ω・`)

sa01

九州鹿児島!

本店同様赤いのれんが目立ちます。

あ、桜島じゃなく櫻島だったか。

 

まさかの無化調

sa02

メニューの裏面の説明書きです。

スープはレンゲを使わずに丼を持って直接飲んだらおいしいよ。って書いてありますが、レンゲもちゃんとついてきます。

昔は「舌の味覚分布地図」のようなもとがあり、甘味、塩味、酸味、苦味、旨味、それぞれ感じる場所が違うと思われていて、旨味を感じる部分は舌の奥の方にあるのでレンゲから吸うように飲むより丼から直接飲んだ方がスープが奥まで届くからよりおいしく感じられるよって話なんだと思いますが、現在ではこの「舌の味覚分布地図」なんてものはないという説が有力なようです。。

そんなことより無化調にびっくり!

無化調にこだわるマニアックなお店以外、化学調味料は使って当たり前な世界なのかなと思ってましたが、なくてもこんなにおいしいラーメンが作れるんですね。すごい。

 

sa03

麺についての説明。

今でこそいろんなタイプの麺がありますが、昔はこんな説明がないとなんだこれ!ってことになったのかもしれません。

 

豚骨、野菜、和風だし

sa04

櫻島ラーメン 850円

味噌、塩、醤油のような三味の選択はありません。

ごついチャーシューが3種入ってますが、本店と比べると全体的にボリュームダウンしているようです。

味は本店とほぼ変わりなし(*´ω`*)

ってかこれ昔は650円だったんだよな。

こんなにおいしくてこんなに肉入ってるのに、この値段でいいのか?って思ってました。

その後20円だか30円だか値上げするのに大変申し訳ないという貼り紙が出ているのを見て、いやいやもっと高くても問題ないぜと思いながら見てたんだけど、いつの間に850円になったんだろう(笑)

まーでも全然納得できる値段なので問題ないです。

 

そんなことより思いっきりお昼時に入店して、その時は4、5人お客さんがいたものの、帰る時は自分ひとりになってました。

たまたまなのかな。

こんなにおいしくて、お店のお兄さんも愛想よくやってるのに。

個人的には並ばずすぐに食べれてうれしいんだけど、もうちょっと混んでてもいいと思う。

コメント