タイ・バンコクへ③初日の夜は日本人駐在員の多いトンロー地区へ

前回の記事はこちら。

タイ・バンコクへ②JTB担当ガイドと合流 タイの車の運転の荒さに驚く

タイ・バンコクへ③

空港から送迎してもらい、やっとホテルにたどり着きました。

【バンコクのホテル】ウェスティン グランデ スクンビットに宿泊した感想 (THE WESTIN GRANDE SUKHUMVIT)

ホテルの感想はこちらにまとめてあります。

初日のディナーは高級タイ料理レストラン「マハナガー」で

初心者も安心!バンコクで高級タイ料理MAHANAGA(マハナガー)

ここは今思い出してもすごい空間だったな。

ディナーの後は日本人駐在員の多いトンロー地区へ

1軒目 日本人の集まるバー「WOOD BALL(ウッドボール)」

アソークのホテルからここまで約2.5キロを歩いてきました。

ちなみに初日の歩いた総距離はスマホの万歩計によると8.1キロです。

タイ在住のビジネスパートナーに連れて来られたのが、BTSトンロー駅のすぐ近くにある

「WOOD BALL(ウッドボール)」というバーでした。

http://www.woodball.jp/ 公式サイトです。

こじんまりとしたお店です。

先客は中国人と思われる女性3人がカラオケ中でした。

スタッフは日本語OKなタイ人女性が1名。

もう少し遅い時間だとスタッフもお客さんも増えるのかもしれません。

日本人が集まるお店とのことですが、観光客向けというよりは現地在住日本人の交流の場所なのかな?って感じがしました。

もうちょっと落ち着いて飲めるお店はないのかとタイ在住に催促します。

2軒目 名前忘れたバーで困った時用のコースターをゲット

お店の名前もわからず、写真もなく、酔っぱらいの記憶に残っているのは、

・マスターが日本人男性だった

・隣の客がサイコロのゲームで盛り上がっていた

・困った時用のコースターをゲット

帰りにタクシーに乗って行き先(ホテル)を伝える時はJTBの旅のしおりを見せればいいなって最初は思ってたんだけど、

ホテル名:THE WESTIN GRANDE SUKHUMVIT

所在地:259 SUKHUMVIT ROAD, BANKOK 10110, THAILAND

こんな風に書いてあるんだけどさ、タイ人のタクシー運転手ってみんな英語わかるの?という疑問が生じたのでお店の人に聞いてみたら、案の定これでは多分伝わらないと。

じゃータイ語で書いてくれーとお願いしてコースターの裏に書いてもらったのがこれです。

「こいつらはカモだ。遠回り可。」

「タイ語がわかりません。ボッタクってよし。」

とか書いてあったらどうしようと思いつつも、帰りに使ってみたら遠回りされることもなく無事にホテルまでたどり着きました。

帰ってきてから調べてみた結果、一番上の行は「スクンビット19」と書いてあります。

多分ウェスティンホテルとターミナル21の間の道路のことです。

ここ。

2行目と3行目は不明。

4行目は「アソーク」です。ちゃんと最寄りの駅の名前が書いてあるじゃないか。

ちなみに「アソーク」って言っても通じません。「アソー」です。クを発音すると全く理解してもらえません。

3軒目 なぜか深夜にモツ鍋 天下一ナギ屋

どうしてもモツ鍋が食べたいとかいい出した人がいる。

まだ0時だぞ?元気がないな!

( ゚∀゚)o彡°モツ鍋!モツ鍋!

そう言われてもこちらは長時間フライトと慣れない海外で緊張しまくりで、しかも時差があるから体感的には深夜2時なわけですよ。

まーでもこちらも遊びでタイに来たわけではないし、より多くタイを体感しなければならないので老体にムチを打ってがんばります。

無難に枝豆ともろQ。

ほんとにもろQか?

もはや記憶も曖昧。

お、サングリアがある!と注文したら出てきたのがこれ。

なんか違う。。

でもこれ今見てものすごくタイっぽいと思った。

真面目で一生懸命なんだけどテキトーというかゆるいというかw

こちらがお目当てのモツ鍋です!

タイで食べるモツ鍋なんて正直そんなに期待してなかったけど、意外とおいしい。

ちなみに「天下一焼とん焼鳥 ナギ屋トンロー店」というお店です。

タクシーでボッタクリにあわないために

帰りに乗ったタクシーで例のコースターを見せたところ10秒位ガン見してたので、大丈夫か?ってちょっと不安になりましたが理解したようでうなずいて出発。

10m、20m、30m、40m、50m、、

なぜだ、なぜメーターを倒さないんだ、メーターを倒さないタクシーはボッタクリだとどこかのサイトに書いてあった。

ムムムッ、

と思ったあたりで、あ、やべ、忘れてたwって感じで運転手がメーターを倒しました。

無駄にドキドキさせないでくれ(´Д`)

その後ずーっと小道というか中道というか、狭い路地で右折左折を繰り返しながら進んでいきます。

これ遠回りされててもわからんなと思ったので、グーグルマップで現在地を確認。

到着するまで監視したけど、おかしな方向に進んでる気配はありませんでした。

普通にスクンビット通りに出てまっすぐ行った方が早くね?という気もしたけど、もしかすると混雑するから避けただけかもしれません。

タクシー乗って行き先告げたらまずスマホでグーグルマップを開く!

そんで目的地へ向かっているか確認して、こいつ遠回りしているなって思ったら運転手にグーグルマップの画面を見せるだけでも効果があると思います。

明日は観光地を見てくるっす。

タイ・バンコクへ④2日目はワット・ポーやチャイナタウン等観光地を視察

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)