【ガトキン】シャトレーゼガトーキングダムサッポロに泊まってきた感想

スポンサーリンク

【ガトキン】シャトレーゼガトーキングダムサッポロ

たまにはお子様孝行しましょうかということで、シャトレーゼガトーキングダムサッポロ(通称ガトキン)に宿泊してきました。今回は、

・プールを楽しむ。

・バイキングを楽しむ。

・たまにしか泊まれないホテルを楽しむ。

の3本ですw

 

プールを楽しむ

プールは小学生以下保護者必須だが水着じゃなくてもいい

保護者、または成人の方の付き添いがない「小学生以下」のお子様のみでのご入場は出来ません。

小学生以下のお客様がプールや温泉を利用される場合、必ず保護者の方もご同伴ください。

キッズ特集・マナー|シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ
お子様のプールデビューに最適な水深約15cmの幼児プールや、水遊びが楽しめるキッズプールなど、みんなの「楽しい」がいっぱいです。

まじか。親も一緒に入らないとダメか。

とのことであわてて水着を購入したのですが、「付き添い」「同伴」は一緒にプールに入りなさいということではなく、プールサイドからの監視でもOKでした。

裸足にさえなれば洋服のままでも問題ありませんし、プール内は暑いし汗かくから服は嫌じゃ。という方は「館内着」という男性は茶色で女性はオレンジっぽいようなパジャマみたいなのを貸してもらえますのでそちらを使うといいです。

館内着のズボンは膝下丈です。水深15センチの幼児用プールに限り館内着で一緒にプールに入ることができます。

 

これを最初から知っていれば水着なんか買わないでプールサイドから見ていたと思いますが、子供達と一緒に泳ぐのもなかなかいいもんですよ。

 

ちなみに今回買った水着はこれ、安いけど作りもしっかりしていて良かったです。

 

ウォータースライダーは子供を猿にする

途中からウォータースライダー(有料)に乗り出した子供達は、他のものには目もくれずひたすらウォータースライダーだけを楽しんでいました。

1回お金払えば乗り放題だから何回乗ってもいいんだけどさ、上に登る、滑って降りる、また走って階段登る、滑って降りる。

顔を真っ赤にして階段ダッシュを繰り返してひたすら滑っている姿を見て、「猿のように」という言葉しか浮かびませんでしたw

 

ちなみにこの猿行為、夕食前に1時間半、夕食後にも1時間半、ひたすら登って滑るを繰り返しました。。

 

バイキングを楽しむ レストラン ヴィーニュ

ガトキンと言えばプールとバイキング。

1階中央の吹き抜け部分が食べ放題会場となっております。

 

ディナー

ずば抜けておいしいものはなかったけど、全体的に普通においしい。

 

刺し身と、カジカとジャガイモのブイヤベース?だったかな?

おいしいんだけど、個人的には普通に味噌のカジカ汁が食べたかったw

 

ローストビーフはタイミングに注意

その場で切って取り分けてくれるローストビーフのコーナーのスタッフが不在だったので待っていると、今焼き上がりました!って感じの肉のかたまりを持ったスタッフ登場!

端の火が通り過ぎてるであろう部分は切り取ってから切ってくれたのですが、どう見ても焼きすぎに見える。むう。

食べてみてもやっぱり焼きすぎ。残念だ。これはナシだわ。

って思ってたら、めっちゃピンク色のおいしそうなローストビーフを持って歩いてる人を発見!

どうやらタイミングが悪かったらしいw

ローストビーフをもらう時は、今肉のどの辺を切っているか確認してからの方がいいです。

 

シャトレーゼなケーキ

シャトレーゼと言えばケーキ屋さんで、ガトキン自体がお菓子のテーマパーク的なホテルなので非常に期待をしていたのですが、食べてみて思い出したことがあります。

そもそもシャトレーゼのケーキはおいしくないww

いやおいしくないは言い過ぎというか語弊があるな。

安いけどそこそこ食べれるのがシャトレーゼです。

安いんだもん。しょうがないんですよ。

 

うるさい中国人も少なく(皆無ではない)、きれいで素敵な空間です。

おかわりしたくなるようなスイーツでもないしなー。そろそろ部屋に戻ろうかと言っていたら娘がこんなのを持ってきました。

 

ジャジャーン!食べ放題のケーキとは一線を画した風貌のロールケーキ登場!

でかいし、実際食べても桁違いにおいしい。

思うに、これは1個いくらで普通に販売していたケーキが多めに余ってしまったので食べ放題に回されたのではないかと。

根拠のない妄想だけどw

「代わり映えしない」なんて思わないで定期的に見に行くといいことあるかもしれません。

 

朝食

和洋ごっちゃまぜw

もうちょっといいウインナー使ってくれよ!って思った以外はどれもおいしかったです。

オムレツはその場で焼いてくれるやつでした。

 

冷凍のうどんを自分で湯煎して作る薬膳スープのうどん。おいしかったです。

 

たまにしか泊まれないホテルを楽しむ

デラックスツインルーム

大人2人、小学生2人でデラックスツインルームに宿泊しました。

 

普通のベッド×2と、ソファーが変形するタイプの簡易ベッド×2です。

38㎡ということでツインとしてはかなり広い部屋になりますが、簡易ベッドをセットするとほぼいっぱいいっぱいです。

 

こいつがかなりきしみます。ちょっと動いただけでもミシーーーっとなりますw

 

加湿機能付き空気清浄機完備。

 

最近のホテルはここにスマホ充電用のUSBがあったりするんだけど、USBどころかコンセントもありません(´・ω・`)

改装で部屋はきれいになってるけど、こういうところで設計の古さを感じます。

貴重品用の金庫あり。

 

反対側はこんな感じ。

 

パジャマは一般的なサイズのが置いてありますが、大きいサイズや子供用が必要な場合はフロントでもらえます。

 

大きい湯沸かしポットがありがたい。

 

冷蔵庫は空っぽです。

1階の売店でお酒やソフトドリンクが買えますが、種類が少ないのでチェックイン前に敷地入口近くのセブンイレブンに寄るといいです。

 

お風呂

洗面所は広くてきれいです。

 

入って左側にトイレ。

個人的に、こういう広い空間のトイレは落ち着かないですw

 

お風呂にはテレビが!

最近のラブホテルにはお風呂にテレビがあるというのは話で聞いたことがあったんだけど、まさかこんなファミリー向けのホテルでお目にかかれるとは思ってませんでした。

でもお風呂は大浴場で済ませたので、このお風呂は使わずに終了です(´・ω・`)

 

ドライヤーはパナソニック。ここ重要。

しかしお風呂は大浴場で済ませたのでフガフガ。

 

全室禁煙

全室禁煙。素晴らしい。

喫煙コーナーは3階と地下1階の2ヶ所です。

 

ホテルの便利な本。

子供連れの方が多いホテルなので子供向けのサービスが多数あり、それらがわかりやすく説明されています。

 

ひでさんの「北海道のよもやまな話」

北海道民にとっては当たり前のことばかりですが、道外から来た人にとってはびっくりすること、おもしろいこと、北海道特有のことが書き綴られています。

Vol.100を超えてたような気がします。すごい。

 

窓からの景色

窓からの景色。土砂降りの後だから濁ってるのか、いつも濁ってるのかは謎です。

 

競技っぽいカヌーの練習をしてました。

 

エレベーター前のイス。

わざわざ座って見るほどの景色じゃないだろうと思ってましたが、夜になるとなかなかの夜景が見れました。

 

感想

今回の費用は家族4人で約3万円。

費用も考慮した上で総合的に考えて、来てよかったなと思いました。

子供が最大限楽しめるというのが一番のポイントです。

ダメなところを強いて上げるとすれば、、

バイキングのケーキのショボさかなw

ご飯は概ね満足です。

また行く機会があったら部屋で飲む飲み物は事前に買っていこうと思います。

コメント