サントリーのエナジードリンク「ZONe(ゾーン)」飲んでみた

サントリーのエナジードリンク「ZONe(ゾーン)」

サントリーから発売されたエナジードリンク、ZONe(ゾーン)が2種類発売されたので買ってきました。

黒いほうがオリジナル(通常版)で、赤い方はファイアウォールという名前です。

どちらも500ml缶で1本190円(税別)と、量はたっぷりでコスパは良い感じです。

パソコンの電源スイッチのようなデザインは、飲んだら何かしらのスイッチがオンしそうな雰囲気を醸し出しています。

ニオイが残念

両方飲んでみた感想は、

「どっちも車の芳香剤のニオイ(しかも昔の)」

です。

今流行しているモンスターエナジーやレッドブル等は、元祖エナジードリンク、オロナミンC、リアルゴールド等の味の系統を踏襲していてはじめて飲んでもそれほど違和感がない味に仕上げてあると感じていますが、ゾーンはちょっと新しいものにチャレンジしすぎてしまった感がありました。

昔リーゼントだった40代以降のおじさん達ならわかると思いますが、黒バラジャコーというポマード。

黒い方の缶からはジャコーの匂いがします。

今でも持ってるくらいだし(もう使わないけど)ジャコーの匂いは好きですが、飲み物がこの匂いだと結構キツいわけですよ(´Д`)

成分も微妙

私は頭痛持ちですがひどくなければカフェイン摂取で収まる事が多いので、頭痛薬としてモンスターエナジーの水色のやつを常備しています。

モンスターエナジーの100mlあたりカフェイン含有量は40mgで、1缶355mlだから、、

3.55 × 40 = 142mg

コーヒー1杯のカフェイン量は90mg前後なのでモンエナの方が効く計算なのですが、今回のゾーンはなんと!

1本あたりのカフェイン量 75mg

(´・ω・`)

主要ターゲットが10~20代男性とのことなので40代のおじさんには刺さらなかっただけかもしれないので、若い人もしくは「まだまだ俺は若いぜ!」と思ってる人は是非チェレンジしてみてください。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)