夏休み ルスツリゾート遊園地の混雑状況と感想

スポンサーリンク

夏休み ルスツリゾート遊園地へ

息子の部活が急に休みになり、週末(土日祝日)に部活がないことなんて滅多にないので張り切ってルスツリゾート遊園地に行ってきました。

記事にするのが遅くなってしまいましたが実際に行ったのは8月1日の日曜日で天気予報は晴れ。

夏休み中の日曜日で晴れって、とんでもなく混むのでは?と思いつつも、子供達は既に行く気満々なので早起きして向かいました。

 

開園時の混雑状況と駐車場のこと

営業時間は日によって違うので事前に公式サイトでチェックする必要がありますが、週末や夏休み期間中は基本的に9時~17時のようです。

開園時にめっちゃ並んでいて出遅れちゃったらどうしようと思って気合を入れすぎた結果8時に現地到着。

駐車場は行けばわかるだろと思ってたのですが全くわからず、1回通り過ぎて戻ったりしました。

札幌方面から来てそれっぽいゾーンに突入すると右折車線がありますのでそこで右折が正解です。

敷地内に入ると宿泊者はこっち、日帰りはこっちと矢印が出てますのでそれに沿って進んでいくと段々畑みたいな駐車場があり、日帰りの人は上の方を使うことになります。

8時15分頃駐車場の誘導員が出てきました。

駐車料金は夏場に日帰りで土日祝日・GW・夏休みのみ有料で普通車は500円となっていましたが、料金を徴収する人がおらず支払えませんでした。

 

遊園地の営業時間は9時からですが、8時45分から入場させてもらえるとの情報を得て8時半から並びます。

 

チケット売場はこんな感じ。

結局並んだのは20人位で、窓口は3ヶ所使えたのでスムーズに入場できました。

ゴールデンウイークとかだと行列ができたりするのかもしませんが、新型コロナの影響で外国人観光客がいない今は週末でも早く行って並ぶ必要はなさそうです。

 

ちなみに料金は、乗り放題付きの1日券で大人が5600円、小学生が4600円、小学生がいるグループは大人も子供料金になる割引があるので、

4600円×4人=18400円

こんな感じ。

※時期により料金変動あります。

乗り物に乗るのは子供達だけでいいのにーと言っても、北海道グリーンランドのように入場料と乗り放題を別にできるようなシステムはありません。

 

乗り物の混み具合

8時45分に入場して、ホテルの中を通り、外に出てからも結構遠いので到着する頃には9時位になって乗り物が動き始めます。

 

ハリケーンという足ぶらんぶらん系のジェットコースター、

スペースショットというフリーフォールの逆バージョン(下から上に打ち上げられる)、

この2つは非常に混みますので、何度も乗りたい人は開園直後の空いてる時間にリピするのがおすすめ。

他は日中の混んでる時でもそれほど並ぶことはありません。

 

午後2時頃の、入場者の数もピークと思われる頃のハリケーンの行列具合はこんな感じ。

通常営業ならこの程度だとサクサク進んでいくんだろうけど、今は都度全席消毒を行っているので待ち時間が長くなっていますがそれでも30分も待てば乗れる感じでした。

 

 

先頭に並んでいるからといって油断はできない

マウンテンジェットコースターという回転はないけど距離が長いやつのところに行くと並んでる人が誰もいなかったので、やったー先頭に乗れるー!と子供達が喜んで乗りに行ったので写真を撮ろうと待ち構えていたら知らん人が先頭に。。

戻ってきた子供達にお前ら何やってんのよと聞いてみたところ、

「急いで先頭まで行って一番前の荷物カゴにリュック置いて、乗ろうとしたタイミングで後から来たおばさんが自分の荷持は子供に任せて無理矢理先頭に滑り込んで来たんだよ。マジksだわあのBBA。」

と言っている。

そんな椅子取りゲームみたいなシステムでいいのか?

 

みんなちゃんとマスクしてるのに、外しちゃってるしね。

順番なんて知らんわ早いもん勝ちだろといシステムで育てられた子供もきっとksみたいな大人になるんだろうな。

 

昼食 スープカレーはやめておけ

園内で食事のできるところは以下の4ヶ所です。

スナックB2(たこ焼き、フライドポテト、アメリカンドッグ等のスナックのみ)

バーベーキューハウス(そのまんまBBQ屋さん)

カントリーハウス(ラーメンそばうどん、カレー、丼もの等の一般的な食堂メニュー)

ルースとムースの森カフェ(ピザ、パスタ等のおしゃれメニュー)

 

どれも多少割高なのはこういう場所なのでしょうがない。

いろいろ見た結果ルースとムースの森カフェのメニューがおいしそうだったので中に入るとテーブルは空いているのにイスがありません。

蜜にならないようにとコロナ対策で通常4~6人位座れそうなテーブルのイスを全部2個ずつにしてるんですよ。

で、ファミリーやグループが多いから客はあちこちからイスを集めてきて使ってるのでテーブルだけがたくさん余っているという状況。

元々結構ゆとりを持って配置されてるんだからそんなことする必要ないと思うんだけどな。

 

しょうがないのでホテルの方に行ってみると、冷蔵庫か?ってくらいエアコンが効いていて生き返ります。

ちなみにこの日の留寿都の最高気温は33度。

中に入ってすぐのところにパブクリケットというレストランがあり、黒服の人が待ち構えていてお高そうだなと思いながらもメニューを見てみると、

ルスツ高原豚のスープカレー 1260円

ホテルのスープカレー、おいしそうだ。ってことでここに決定。

 

出てきた瞬間家族全員「失笑」みたいな顔になりましたw

市販のスープカレーの素的な物で作ったような味。ってか実際そうなんだと思われ。

辛さの調整は辛さを減らすことはできないが、辛くしたければカレーホットってやつを使ってくれと言われました。

そうだよね、そりゃ減らせないよね、素だもん。

豚肉だけはルスツ高原豚と銘打ってるだけあって甘みがあっておいしかったですが、それ以外の具材は業務スーパーで見かけるような冷凍のカット野菜をテキトーにぶち込んだだけって感じでした。

スープカレーのかぼちゃがこんな煮物みたいに四角く切ってあるのを私ははじめて見ましたよw

ジャガイモの名産地なんだからイモとか期待してたのにさ、どう見ても冷凍のフライドポテトだもん。

そんでもってしょっぱい。すげーしょっぱい。

熱中症対策で小さじ2杯くらい塩追加してくれたのかなってくらいしょっぱい。

 

私はいろんなところでおいしいスープカレーを食べてるし、今回の件は笑い話のネタがひとつ増えたと思えば別にいいんだけど、内地から来た人が本場のスープカレーだよ!って食べた結果がこれ。みたいなケースも多々あるんだろうなと思うとすげー悔しい気分になりました。

 

羊蹄ゴンドラでウエストMt.山頂へ

チケット購入時に羊蹄ゴンドラの無料券がもらえたので、昼食後に乗ってきました。

 

頂上に着くなり急に雲行きが怪しくなって、

 

雨(T_T)

 

こっちが留寿都の市街地かな?

天気が良ければ洞爺湖なんかも見えるようですが今回はダメでした。

 

虫対策について

一応虫除けスプレーは持っていったのですが、結局使いませんでした。

家族全員どこも刺されずです。

蚊は見かけませんでした。

アブはたまに飛んできますがしくこく付きまとってくる感じではなく、それほど気になりません。

スズメバチも見ませんでしたが、いてもおかしくない場所ではあるので最低限の対策(黒い服を着ない、帽子を被る等)はした方がいいと思います。

 

 

感想 ビーハッピー

ビーハッピー!

乗り物に乗る度に手をグーにして上に挙げる動作をやらされます。

ジェットコースターみたいにたくさん人が乗ってるやつだとなんとなくスルーしちゃうこともできますが、サイクルモノレールのように完全に自分達だけに向けられた全力のビーハッピーを目の前でやられるとさすがにスルーできず、何度かやっているうちにだんだん慣れてきます。

 

家族連れが全体の7~8割と予想していましたがファミリーは意外と半分くらいで、次いで多かったのが20歳くらいの女子のグループでした。

ふたりっきりのカップルもあんまりいなくてダブルデートみたいなパターンが多かった印象です。

 

入場料払って、ごはん食べて、ガソリン代やら帰りに道の駅寄って揚げイモ食べたりソフトクリーム食べたりとなんやかんやで4人家族で3万円くらいかかったわけですが、コスパも考慮した総合的な満足度を点数にするとしたら、、

60点だな。

ランチがもうちょいマシだったら70点なんだけど。

 

あとは遊園地側の問題じゃなく、子供達がどれだけ絶叫系が好きかによると思います。

■息子:ハリケーンは2回乗った。フリーフォールは乗った後で後悔した。スペースショットは怖くて乗れなかった。

■娘:NGなし。でも何度も乗りたいというような欲もなし。

■嫁:高所恐怖症らしく、何も乗らず。

■私:NGなし。でも基本下で写真撮っていたい。

こんな感じなので元取れてない感が強くなってしまいますが、

あれも乗りたいこれも乗りたい何度でも乗りたいもう帰るよと言われてもまだ乗りたいというようなお子さんでしたら(私がそんな子供だった)満足度はもっと高まるのではないかと思います。

 

 

コメント