「のんきや」夕張で一番人気のラーメン屋さんです

スポンサーリンク

夕張のラーメンのんきや

道東から帰る途中夕張でランチすることになったので食べログで調べてみたところ、夕張のランキング1位はラーメン「のんきや」でした(2019.08.22現在)。

今からお店に向かったら到着するのはちょうどお昼の12時頃か。

混んでるかなー。並んでるかなー。

と思いつつお店に行くと、店内は満席でしたが待ち人はいなかったので、カウンターの後ろの待合席で待機です。

 

場所

住所 夕張市本町1丁目

営業時間 11時~14時頃まで(売り切れ次第閉店)

定休日 木曜日

 

カーナビに住所を設定するも、

「目的地周辺です。」

と言われたあたりにそれっぽいお店はなく、グルグルグルグルしているとやっとお店を発見。

 

JR新夕張駅方面(高速道路の夕張インターがあるあたり)から夕張駅方面(国道274号→国道452号→道道38号)へ、距離にして20キロ近くあります。

ずーっと進んでいってJR夕張駅を超えて、夕張市役所も超えたあたりで右側に「ゆうばりホテルシューパロ」がありますので、それを過ぎたらすぐ右折。

戻る感じので坂を上がると左側にお店があります。

 

駐車場がないので

お店の前にはちょっとしたスペースがありますが、ここはお店の駐車場ではありません。

 

隣(奥)の家には、

駐車禁止。

停めたら写真撮ってどうのこうのという物々しい看板が出ていますのでお店の前には停めない方がいいです。

とはいえこんなところ車なしでは来れません。

個人的には下のホテルシューパロさんの第2駐車場のはじっこあたりにちょっと停めさせてもらっても怒られたりはしないんじゃないかと思いますが(ちょうどお客さんもいない時間帯ですし)、そういうのは良心の呵責に耐えかねるという方は、

「本町商店街お買い物駐車場」

というのが200mほど離れたところにありますのでそちらに停めると良いと思います。

場所は来た道を戻ると左側に赤い橋がありますのでそこを左折して橋を渡ったら右側です。

 

メニュー

昔はいろいろメニューがあったようですが、今は塩ラーメン、醤油ラーメン、かけラーメンの3種のみで大盛り等もありません。

 

 

他のお客さんがお店のお母さんに「先代亡くなって何年くらい経つの?」って聞いたら、「もう17年」って言ってました。

初代がお父さんで、2代目が奥さん、3代目が今のご主人(娘さん)です。

2代目が亡くなった後お店は一旦閉店したようなんですが、お店を続けて欲しいという夕張市からの要望で娘さんが埼玉から単身赴任状態で帰ってきてお店を継いだようです。

 

全てがのんびり

お母さんが一人で切り盛りしているのですが、ご高齢のせいかあちこち痛そうな感じで動きもごゆっくりです。

 

これほどの至近距離で麺を茹でているところを見れるお店はそうそうないので子供達は興味津々で見ています。

スープを作って、麺を茹でて、トッピングが終わったらお待ちどうさまなわけですが、その一連の動作がものすごくごゆっくりです。

時間のない人やせっかちな人はイライラするレベルかと思いますが、ここはのんきや。

店名からしてのんきなんだから文句を言われる筋合いもないわけですよw

無理しないでね。

ゆっくりでいいからね。

という広い心で待てる人以外は行くべきではありません。

 

しょうゆラーメン

息子と娘はしょうゆラーメン(600円)を。

具だくさんなのにお安いです。

娘(小2)は今まで食べたラーメンの中で一番おいしいと言います。

おばあちゃんががんばって作ってくれたラーメン。というエッセンスが効いているせいだと思いますが、おいしかったみたいです。

 

しおラーメン

私が食べたしおラーメン。

見た目の通り結構な量のコショウがデフォルトで入ってますが、パンチ力はなくやさしい味です。

こちらもチャーシュー3枚にメンマたっぷりで600円です。

チャーシューを食べて「鶏チャーシューか?」って一瞬思ったのですが、見た目はどう見ても豚チャーシュー。

多分香味油が鶏油で、それの香りであれ?ってなったのではないかと思われます。

 

感想

劇的にうまい!とか、中毒性あり!っていうようなラーメンではなくごく普通のラーメンなんだけど、ホッとするというかホッコリするというか、また来たくなるようなお店でした。

 

ちゃんとお水もらってる招き猫は日本にどれだけいるだろうか。

こういうのがきっとみんながホッコリする要因なんだろうな。

夕張に行く機会なんてなかなかないけど、紅葉の季節になったらドライブがてらのんきやのラーメンをまた食べに行こうと思います。

コメント