エスティマのエアコンフィルター交換とエバポレータークリーナー施工

エスティマのエアコンフィルター交換

2007年(平成19年)

トヨタ エスティマ

GSR55W

3500の4WDですが50系だったらどれも同じ手順でいけると思われます。

ってか他のメーカー他の車種でもエアコンフィルターの位置と交換手順は大体一緒です。

交換方法

助手席のグローブボックスの裏側にエアコンフィルターはあります。

グローブボックスを開けると左側にこんなのがあるので、ペンチやプライヤー等を使って先っぽを挟んで黒いダンパーを外します。

次に両サイドにあるストッパーを外します。

内側に押してストッパーを交わせば手前にパタッと外れます。

上の方にある横長の四角い部分にエアコンフィルターが入ってます。

フタは両端のツマミを押すと外れます。

取り出したフィルター汚っ!

これはひどい!

今回はデンソー製のフィルターを使います。

↑UP の向きを合わせてフィルターを入れて、後は逆の手順で元に戻せば任務完了。

ディーラーやスタンドでやると4000円位かかる場合が多いですが、自分でやると半額以下で済みます。

エバポレータークリーナー施工

エアコンフィルターを交換してもまだ若干カビ臭さが残っていたので、エバポレータークリーナーなるものを施工してみました。

カーエアコン用消臭洗浄剤です。

施工手順

このようにセットして、

風の出る場所はVent(AUTOは絶対使わない)

風量最大

内気循環

温度は一番冷たく

A/Cはオフ

吹出口は全開

以上の準備ができたらスプレーの噴射ボタンを下に押し込み、シューーーーっと出たら車外に避難。

約3分で噴射が終わるので、全量噴射したことを確認したらスプレー、噴射ノズル等一式を車外に出し、他のエアコンスイッチはそのままの状態でA/Cをオン!

その状態で5分間エアコンを回し続けるとエバポレーターに発生した結露水により汚れが流されます。

この5分間の間にエアコンフィルターを元の状態に戻します。

防臭剤も同梱されているのでグローブボックスの裏に貼り付けたら任務完了(写真撮り忘れ)。

感想

カビ臭なくなりました!

あまり効果がないというレビューを書いている人もいますが、あのひどいにおいだった親父殿のハイエースも無臭になりましたので、効果は結構あると思っています。

使用説明書

シワシワですみませんが、クイックエバポレータークリーナーSの使用説明書です。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)