剥がした後も日光に当てちゃダメ!モーラステープ光線過敏症その後

前回の記事はこちら。

【日光】モーラステープの副作用、光線過敏症は剥がした後でもなるらしい【紫外線】

モーラステープ光線過敏症その後

モーラステープを貼った状態で日光に当たるとひどいことになるというのは知っていたけど、剥がした後も1ヶ月くらいは薬剤が皮膚に残るからその間は日光に当てちゃダメ!

というのを知らなかった私は思いっきりかぶれたような状態になってしまい病院へ。

マイザー軟膏0.05%というステロイドの塗り薬を処方されました。というのが前回の話でした。

その後の経過報告です。

あ、そういえば社長から「チンゲンサイの裏についた虫の卵の画像なんかよりよっぽどグロ注意じゃねーか!w」と言われたので、

皮膚が赤くかぶれたような画像が苦手な人は、見ないことをおすすめします。

では、

いきますよ?

治療1日目

マイザー軟膏0.05%を1日2回塗ってくださいとのことなので、とりあえず病院から帰ってきてすぐ塗って、夜にお風呂から上がってからまた塗りました。

写真は前回の記事のと同じものですが、夜に塗布した後の図です。

ああ、見てるだけでかゆくなってくる(´Д`)

治療2日目

かなり赤みが引きました。

かゆさも半分くらいになったような感じです。

治療3日目

だいぶわからなくなってきましたが、はじっこがまだちょっと赤いです。

こっちも右端だけ赤い。なぜだ。

治療4日目

もう塗らなくてもいいんじゃないか?と思いつつも、まだ若干見た目に赤いのが残ってるしかゆさもあるので引き続きステロイド軟膏を塗りました。

治療5日目

まだちょっとボコボコっとしてる部分があるけど、かゆみがなくなったので塗り薬をやめて治療完了としました。

その後またぶり返すこともありませんでした。

なんと左手も発症!

右手の手首が痛くなって、治った頃に左手の親指の付け根あたりを痛めたのでこっちにもモーラステープを貼りました。

右手でかぶれが発症してからは左手も手袋などで日光が当たらないようにしていたのですが、時すでに遅かったらしく、右手が治ったタイミングでこんな感じに(´Д`)

左手2日目

右手の時と一緒でマイザー軟膏(ステロイド)を塗った翌日にはかなり赤みもかゆみも治まります。

以後右手と同じようなペースで回復していきましたので写真は省略です。

モーラステープの光線過敏症と言う名のかぶれ症状、これかなり辛いので心当たりがある場合は早めに病院に行くことをおすすめします。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)