黄ばみどころか茶ばみなエスティマのヘッドライトを磨いてみた

スポンサーリンク

エスティマのヘッドライトを磨いてみた

この世代(私のエスティマは平成18年式)のトヨタ車のヘッドライトは黄ばんだりくすんだりすることが多いですが、うちのは黄ばみを通り越して茶ばみが(´Д`)

 

この茶ばみもくもりも、どう見ても内側だと思うんだけどディーラーに行って聞いてみたら

「内側に水や汚れが入ることなどありえませんので外側の問題です。」

と言われました。

えっ?50系前期のエスティマのヘッドライトの中に水入る不具合は結構有名な話でしょ。保証延長にもなってたような気がするし。って延長はもう切れてるだろうけど。みたいな感じで聞いてみたら、

「保証延長になんてなってませんよ。」

と断言されました。

おかしいなーと思って帰ってから調べてみたらやっぱ50系初期のヘッドライトの中に水が入る不具合があって、症状が出た車は呼吸キャップとかいう部品を対策品に交換して、それでもダメな場合はヘッドライトごと交換。

で、やっぱり9年に保証延長されてました。

 

他にもいろいろ聞いてみたんだけどわかってないのか確信犯的に嘘をついているのか、自信満々に間違ったことばかり言うのでそのディーラーはやめて今はちょっと遠いけど別のディーラーにお世話になってます。

 

ソフト99ヘッドライトリフレッシュ

前に代車のアルファードでは、

ルックお風呂のみがき洗いでそこそこきれいになりましたが、今回は自分の車なのでコーティング剤もセットになった専用品を使います。

 

コーティング剤の有効期間は半年か。短いな。。

 

使用方法はベースクリーナーで磨いて仕上げにハードトップコートを塗るだけ。

施工後24時間は触ったり濡らしたりするなとのことです。

 

早速磨いていきます。

 

お、ひと拭きで結構汚れが取れたぞ。

 

その後汗だくになって磨くも汚れは落ちず、やっぱり茶色い汚れとくもりは内側にあるようです。

 

こちらは左のヘッドライト。右よりかなりきれいですが若干の黄ばみがあります。

 

施工後。

黄ばみが取れて透明になりました。

 

感想

左のライト程度の黄ばみならやる価値があると思いますが、右はやっぱり中が原因だったのでこれはもうヘッドライト交換するしかないな。

 

普通の黄ばみならかなりきれいになりますし施工も簡単なのでおすすめです!

 

続きはこちら。

エスティマのヘッドライトをレストア済みのものに交換

 

 

コメント