帯広「肉の五日市」で「かみこみ豚」調達後、浦幌森林公園キャンプ場へ

豚丼ぱんちょうの開店前行列は

帯広と言えば豚丼!

ということでまずは帯広駅前のぱんちょうへ。

大行列必至のお店なので開店前から並んで1発目で着席できたらいいなーと思いながら開店(11時)の30分前位を目指していたのですが実際に到着したのは20分前。

その時点で既に30人くらい並んでました(´Д`)

やっちまったかなーと思ったけど開店後なんとかギリギリ最後に着席することができました。

もう一組遅かったら第一陣で座れず、1時間くらい待つことになったのではないかと思われます。

メニューは松900円、竹1000円、梅1100円、華1300円の4種類で、ごはんの量は全部同じで肉の量が違います。

奥のが息子が食べた竹、手前のが私の梅。

たかが豚丼、所詮は豚丼、食べる前はいつもそんな風に思うんだけど、やっぱここのは別格だ。理解不能なほどにおいしい。

帯広「肉の五日市」で「かみこみ豚」を調達

キャンプの夕食(BBQ)の食材調達で帯広の肉屋さん、肉の五日市へ行ってきました。

住所 帯広市大通南21丁目7

電話番号 0155-26-0439

営業時間 10時~18時

定休日 水曜日・日曜日

国道236号線沿いにあります。

事前に調べた情報だと冷凍のお肉ばかりな感じがしていたのですが、生のお肉もたくさんありました。

かみこみ豚というのがここのおすすめ商品らしくていろいろ売ってます。

牛肉や鶏肉もお高い和牛ステーキからお手頃価格のものまで。

ホルモンの種類が豊富!

豚ジンギスカン?

何でもかんでもジンギスカンって言えばいいってもんじゃないぞ?

冷凍味付肉は20%オフになってました。

ウインナーや串物。

鶏清湯(トリチンタン)スープめっちゃ気になったけど買えなかった。。

ふむ。

かみこみ豚はうまかった

BBQコンロで炭を起こして基本は網焼きですが、鉄板で焼いた方がよりおいしくなるので大事なものはヨコザワテッパンで焼きます。

五日市のかみこみ豚バラ肉、激ウマです。

私は激ウマなんて表現は滅多にしません。

マジで本当に非常においしい。

肉の甘味がすごいです。

基本ガス火で使うものですが、私は炭火でも薪でも使ってますが全く問題ありません。

塩ホルモンと味噌ホルモンも買ったのですが、塩ホルモンがおいしかったです。

ただ、小さく切りすぎで網の穴から落ちやすかったです。

味噌ホルモンはなんか不思議な味がして、思わず原材料を見てみたら珍しいところで「バナナ」というのが入ってました。

でもこの不思議な感じはバナナからのものではないな。味噌もおいしいんだけどちょっとしょっぱめです。

浦幌森林公園キャンプ場へ

浦幌森林公園キャンプ場のバンガローに泊まりました。

一番奥のなんか妙に背が高いけど2階建てとかではないところになりました。

どれも形が違いますが大きさはどれもそれほど変わりません。

どの部屋に当たってもタープ等を張るスペースは広く十分です。

タープのシワが気になりますが、はじめて張ったのでご容赦くださいw

タープだけでなくテントも併用してる人もいました。

バンガローの感想

肝心なバンガロー内部の写真ですが、撮ったつもりが撮れてないという事態です。

(´・ω・`)

網戸の縁のツメの甘さゆえに小さい虫はちょいちょい入ってくるので虫除けや殺虫剤などを用意した方がいいです。

年季の入ったバンガローなので随所に古さは感じますが、網戸以外には特に不満はありません。

それより何より!

アブ!

虻!

アブだよアブ!

外にいたら常に視界に数匹のアブが飛び交ってました。

虫よけスプレー使ってても油断してたら刺されます。

刺されるというか、アブってかじるよね。

あのかじってる時の顔の腹立つことww

この森林香なる蚊取り線香的なやつは蚊取り線香と違って虫を殺す作用はありませんが、虫を寄せ付けないことに特化した線香でこれをタープ周辺に数本焚いておけば蚊もアブもハチも全然寄ってこなくなるそうです。

これを知ってたらあんなに刺さされることもなかったのかな。。

クソー。

帰ってきてから大至急森林香(赤箱)を購入しましたよ。

昆虫は採れます

暗くなったら子供達と昆虫探しに行きました。

30分ほどで

カブトムシ メス1匹

ミヤマクワガタ オス1匹 メス1匹

アカアシクワガタ メス1匹

計4匹捕獲しました。

駐車場の入口あたりにある街灯だけなぜか虫が寄りやすいらしく、待っていると飛んでくるところから見えてボトッと落ちたところを捕獲するような感じでした。

天気などその時の条件によって変わるかもしれませんが、キャンプ場の中でも昆虫は多い方だと思います。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)