エスティマの電子キー追加にかかった費用と時間

エスティマの電子キーが1個しかない

中古で購入したエスティマの鍵(電子キー)が1個しか付いてませんでした。

新車時には2個ついてきたはずなんだけど、前の所有者がなくしてしまったのかもしれません。

1個あればとりあえず乗れるし特別不便なこともないんだけど、万が一出先で鍵を紛失してしまったことを考えると恐ろしいのでディーラーに行って相談してきました。

電子キー(スマートキー)追加にかかった費用

車両側のコンピューターごと交換になるから10万円コースだよ!

なんて噂も聞いていたのでかなりビビっていましたが、実際は工賃(セットアップ等)も含めて合計31,000円でした。

内訳は以下の通り。

エレクトリカルキー(電子キー本体) 18,684円

カットキー(電子キー本体に内蔵されている普通の鍵)7,020円

キー登録費用(車両のコンピューターに登録する費用)2,160円

キーNO確認(鍵番号がわからなかったので運転席ドア内に記載されているナンバーを確認するための費用)3,660円

合計31,524円から端数を切ってもらって31,000円となりました。

このキーナンバープレートを持っていればナンバー確認費用はかかりません。

メカニカルキーは必要?

電子キー本体の中に普通の鍵も入っています。

こういうやつ。

これに7,020円かかっているのですが、ぶっちゃけこれがなくても普段使いには全く問題ありません。

電子キーの電池が切れていてもイグニッションプッシュボタンにリモコンを近付けて押せばエンジンを掛けることはできますが、ドアロックの解除はこのメカニカルキーがないとできなくなってしまいます。

出先で鍵をなくしてしまった。

家族に頼んでスペアキーを持ってきてもらった。

電子キーは常に電波を出しているので使っていなくても電池が減っていきます。

何年も使わずに保管してあったスペアキーは電池がなくなっていたため、ドアのアンロックができません。

そこでこのメカニカルキーの出番!となるのですが、約7,000円をケチるとこういう時に途方に暮れることになります。

ちなみにエスティマのは内溝彫りのタイプなのでディーラーでしか作れませんが、うちの親父殿のハイエースは電子キーなのに中に入っているメカニカルキーは外溝?っていうのかな?

昔ながらのギザギザの普通の鍵が入っていて、金物屋で普通に合鍵が作れたそうです。

納期は約1週間

注文時には2週間くらいかかるかもと言われていましたが、実際は8日後に電話が来て取りに行きました。

車両側のコンピューターに鍵を登録する作業があるのですが10分程度で終わりますので少しお待ちくださーいと言われたのですが、ちょっと苦戦したようで30分くらいかかりました。

スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
お専務レクタングル(大)